専門診療|守谷市百合ヶ丘で動物病院をお探しの方はゆりがおか動物病院まで

時間
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:水曜・日曜午後・祝日

〒302-0110
茨城県守谷市百合ケ丘2丁目2779-216

  • 地図
  • メニュー

以下の科は、当院が特に力を入れている分野です。
セカンドオピニオンとしてのご相談も多く受け入れていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

腎泌尿器科

当院では、腎泌尿器科の専門診療を行っています。腎泌尿器科では、腎臓や尿管、膀胱など、排尿に関わる器官を診断・治療します。
血液検査、尿検査、超音波検査、レントゲン検査、造影検査などの結果をもとに診断し、状態に合わせて適切な治療方法をご提案します。
以下の症状や病気でお悩みの方はご相談ください。もちろん、セカンドオピニオンも積極的にお引き受けいたします。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院
こんな症状ありませんか?
  • 尿がでない
  • 腎結石/尿管結石/膀胱結石
  • 頻尿・血尿
  • 急性腎障害・慢性腎臓病(腎不全)
  • 尿漏れ
  • 腎臓・膀胱・尿道・前立腺の腫瘍

主な疾患

尿管結石

近年、ネコちゃんの尿管閉塞が増えていて問題となっています。
尿管は腎臓と膀胱をつなぐ細い管で、左右で1対あります。この尿管に結石や炎症が起こって閉じふさがれると、尿の流れが悪くなって、さまざまな症状が引き起こされます。

症状
元気・食欲低下、痛み、血尿、急性腎障害
診断
血液検査、レントゲン、尿検査、超音波検査・静脈性尿路造影(IVP)・CTなど
治療
点滴などを行う内科治療と外科治療があります。緊急の場合は、外科手術を行うこともあります。尿管結石の手術には、尿管切開術、尿管膀胱新吻合術、尿管ステントやSUBシステムを使用した手術などがあります。どの手術にもメリット・デメリットがあります。

当院では、検査結果や経過をもとにご家族と相談して慎重に治療方法を選び、必要に応じて手術を行います。状態によって適切な治療法は異なります。尿管結石やその治療でお悩みの場合は、まずはご相談ください。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院
SUBシステム設置

尿管閉塞の治療の1つで、皮下組織に腎臓と膀胱をつなぐ人工的な尿路を設置し、尿管をバイパスする処置のことです。適応かどうかの判断には十分な検査が必要です。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

慢性腎臓病(CKD)

高齢のワンちゃんや特にネコちゃんに多い病気で、以前は慢性腎不全とも呼ばれていました。一度悪くなってしまった腎臓の組織は、治療しても元には戻りません。
早期発見と、進行を遅らせる治療を続けていくことが重要です。

症状
多飲多尿、元気・食欲低下
診断
血液検査・尿検査・超音波検査・レントゲン検査・血圧測定
治療
まずは国際獣医腎臓病研究グループのガイドラインをもとに、慢性腎臓病の進行状態を表すステージを見定め、それに合わせて治療方法を決めます。
慢性腎臓病の進行を遅らせるには、たんぱく質やリンを制限し、必要なカロリーも与えることが大切です。そのためフードなどの日々のケアについても指導を行い、内服や点滴などを組み合わせて治療します。
守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

腫瘍科

近年、ワンちゃん・ネコちゃんの平均寿命が長くなり、それとともに腫瘍性疾患が多く見られるようになってきました。中でも高齢のワンちゃん・ネコちゃんの場合、悪性腫瘍(いわゆるがん)による死亡率が死因のトップとなっています。
腫瘍の治療では、早期発見、正確な診断、早期治療の3つが特に重要です。当院では少しでも多くのワンちゃん・ネコちゃんががんを克服できるように、最新の情報や治療法を取り入れるように日々努力しています。
さらに、がんの完治が難しい場合にも、がんの動物とその飼い主さまにとって少しでも満足度の高い医療をご提供できるように努めています。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

主な診断方法

腫瘍の診断には、原発腫瘍・リンパ節・遠隔転移の3つのチェックを行いステージ(進行度)を判断します。

細胞診

腫瘤に対して細い針を刺して細胞を採取し、どのような細胞が取れているかを顕微鏡下で確認します。非腫瘍性病変との鑑別、良性悪性腫瘍の鑑別、一部の腫瘍(リンパ腫、肥満細胞腫、悪性黒色腫など)の確定診断に役に立つことがあります。麻酔をかけずに簡易的に行うことができるのが利点ですが、細い針で採取するため有意な結果が得られない場合は精査が必要となります。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

組織検査

病変の一部または全てを切り取り病理組織検査に出します。細胞診検査とはちがい、組織(かたまり)として採材するため確定診断となる可能性が高くなります。ある程度の大きさが必要なため、鎮静や全身麻酔が必要となる場合があります。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

その他の検査

適切な診断・治療を行えるよう全身状態の評価、腫瘍の状態、転移の有無、などを調べるため、一般身体検査・血液検査・レントゲン検査・超音波検査・尿検査などを必要に応じて行います。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

当院の院長は獣医腫瘍科認定医です

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

「獣医腫瘍科認定医」とは、日本獣医がん学会が定めた、動物のがん診療における専門的知識や診断、治療能力を持つ獣医師のことです。当院ではこの獣医腫瘍科認定医である院長と獣医師とが意見を交換しながら、診断・治療を行っています。
他の動物病院で治療が難しいといわれた場合も、ぜひ一度当院にご相談ください。

外科・整形外科

当院では、さまざまな外科手術に対応しています。手術が必要と診断した場合には、ワンちゃん・ネコちゃんの状態と手術内容、手術を行うメリットやデメリットについて、丁寧に説明いたします。
手術を行う際には、痛みをできるだけ減らせるようにしっかりと鎮痛処置を行い、ワンちゃん・ネコちゃんのストレスをなるべく抑えられるように注意して治療を進めます。さらにセカンドオピニオンも積極的にお引き受けいたします。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

主な疾患一覧

外科

  • 腫瘍外科
  • 会陰尿道ろう
  • 消化管内異物
  • 会陰ヘルニア
  • 胆嚢疾患
  • 胸部外科
  • 結石摘出(膀胱結石・尿管結石)
など

整形外科

  • 椎間板ヘルニア
  • 膝蓋骨脱臼
  • 前十字靭帯断裂
  • 骨折
など
こんな症状(病気)でお困りではありませんか?
軟部外科
CASE1:
お腹にしこりがあるといわれた(例:腹腔内腫瘍)
CASE2:
異物を食べてから吐く(例:消化管内異物)
CASE3:
黄疸がある(例:胆嚢疾患)
CASE4:
血尿、頻尿、尿が出づらい(例:膀胱結石・膀胱腫瘍)
CASE5:
便が出づらい(例:会陰ヘルニア)
整形外科
CASE1:
後ろ足が動かない(例:椎間板ヘルニア)
CASE2:
高所からとびおりてから前足を挙げる(例:骨折)
CASE3:
後足が痛そう(例:膝蓋骨脱臼・前十字靭帯断裂)

眼科

目の病気やトラブルを診療します。
まずは飼い主さまからお話をよくうかがい、必要に応じて検査を行います。検査としては、角膜染色検査、スリットランプ(細隙灯)検査、涙液量検査、眼底検査、超音波検査や培養検査などがあります。
目の治療では、しばしば点眼が必要となります。普段からワンちゃん・ネコちゃんとの触れ合いの中で、お顔周りやまぶたにも触れていただけると、診察や治療がスムーズに行いやすくなります。点眼のやり方なども、お気軽にご相談ください。

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院
こんな症状ありませんか?
  • 眼が赤い
  • 目ヤニが多い
  • 眼が白い
  • 眼が見えていない・ものにぶつかる
  • 眼がしょぼしょぼしている
  • 眼が乾燥している・艶がない

経験豊富な眼科担当の獣医師が診療します(月に一回・完全予約制)

守谷市百合ヶ丘・ゆりがおか動物病院

通常の診療日であっても眼科の診療は行っていますが、当院では月に一度眼科の非常勤獣医師による診療日を設けております。治療していてもなかなか治らない、よりよい治療がないか相談したい、などのご要望がある場合、また健康なワンちゃんのアイチェック(眼科健診)としてもご利用いただけます。
完全予約制となりますので、ご希望の方はお電話または来院の際にご相談ください。